FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.06.28 *Thu

イタリア旅行記その6?ヴェネツィア観光編その1?

残り少なくなってまいりました、イタリア旅行記。
本日は5日目。ヴェネツィア観光編でございます?♪
それでは、いってみましょう!(*´∀`*)/

ヴェネツィアの朝 朝のヴェネツィアの街です。

ローマのホテルは6時半から朝ごはんが食べられたので、その勢いで7時に食堂へ行ったら「朝ごはんは7時半からです!」って言われたんです。(lll-ω-)ズーン
なので、30分の時間つぶしにその辺を散歩してみました。

ヴェネツィアの街は朝静かですねぇ。ローマなんて大通りに面したホテルだったからか夜通しずーっと車の音がしてたんですけど。
かたやベネツィア。広場にだって人っ子一人いやしない…。まぁ、静かでも怖くない街だったんで、散歩も楽しかったですがねぇ。

さて。朝ごはんです。
朝ごはん ビュッフェといえどもこんな感じ
もうちょっと品数が欲しいところですが、味は美味しかったので満足ですvv

今日はツアー観光を入れていたので待ち合わせのサン・マルコ広場へ出発!
サン・マルコ広場 サン・マルコ広場
朝、10時過ぎるとやっぱりにぎやかですねぇ。
この日は日曜日だということで、ヨーロッパ各地から人が集まってきてたそうです。

鐘楼 鐘楼
ナナメなんですよー。ヴェネツィアの建物で背が高いものってたいがいナナメになってます。地盤沈下が多いからなんですねぇ。(-ω-;)ウーン


そうこうしているうちにツアー開始です。まずはサン・マルコ寺院から。
今日は日曜日で礼拝がある日なので寺院の一階(教会)は見学できません。
というわけで、寺院正面の絵から解説開始です。

サン・マルコ寺院の絵1 サン・マルコ寺院正面に描かれた絵1

サン・マルコ寺院の絵2 サン・マルコ寺院正面に描かれた絵2

サン・マルコ寺院の絵3 サン・マルコ寺院正面に描かれた絵3

サン・マルコ寺院の絵はモザイクで描かれています。絵のタッチが違うのは作られた年代が違うからです。どの絵もストーリーになっているんだそうです。
例えば、3の絵は聖マルコの遺体を盗んだ泥棒が遺体を運んでいる場面です。

サン・マルコ寺院の絵3 拡大 3の絵拡大

鼻をつまんでいる人は役人なんですが、遺体は豚の皮などに隠されているためすごい腐臭を放っていて、遺体に気づかず「行ってよし」みたいに言っているところだそうです。

昔の人は字を読める人が少なかったのでこういう絵で宗教のことや歴史を学べるようにしてあったそうです。

時計塔 時計塔

ちょうど時計が動き出しました。この時計塔は長く修復中だったそうで、ここ一年くらい前から修復された塔が見られるようになりました。てっぺんに鐘があり、ふたつの銅像がかわるがわる鐘をならすのです。

時計塔の鐘 鐘をつく銅像

ですが…。左の銅像は調子が悪かったようでウンともスンともいわず…。ガイドさん曰く「うーん、昨日おとといあたりから動き悪かったですからねぇ…。ダメかぁ。」「中々ちゃんと動いているのを観られないんですよー」だそうで。( ´△`) アァ- そうですか…。

ドゥカーレ宮殿内階段 ドゥカーレ宮殿の階段

ドゥカーレ宮殿は寺院の右側にある昔のヴェネツィアの政庁です。会議室とかそこに飾られている絵などが見学できます。
ですが、絵が飾ってあるところは撮影禁止なのです。
宗教関係の絵が多かったですが、どれもスケールが大きくヴァティカンとはまた違った趣で楽しめました。

ドゥカーレ宮殿より海を臨む 窓からの景色

窓の外は撮影オッケーだったので。有名なサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会が見えます。

牢屋 廊下の窓 これから牢屋に向かうのです。

ここは政庁であると同時に裁判も行われていて裁判の部屋や牢屋などもあるのです。

牢屋 入り口 牢屋の出入り口

ここの出入り口は有名なため息橋と地下牢獄につながっています。

牢屋内 牢屋です。

今は観光用に明かりが入っていますが、牢獄の時にはもちろんそんなものは無く、真っ暗で寒いうえに水路が近いためねずみなどもいただろうと言われています。ここは政治犯の収容先だったのですが、政治犯は大概いい身分の人であったため、この境遇に置かれたが最後、気が狂うか病気で死んでしまうことが多かったそうです。

牢屋 廊下窓から観るため息橋 牢獄に向かう途中見えるため息橋

ため息橋は絶望の橋とも呼ばれ、この橋を渡ったが最後、死刑になるか牢獄で死んでしまうか…と橋の小窓からこの世への別れを惜しんでため息をついたという逸話が残っています。

ドゥカーレ宮殿 ドゥカーレ宮殿

わー。今日も長いなぁ。
ここら辺で続きます。

続き。

ドゥカーレ宮殿見学のあとはガラス工房見学です。ガラス工房はムラーノ島が有名なんですが、サン・マルコ広場近くに観光用にヴェネツィアンガラス作りを見せてくれるところがあるそうなので行ってみました。(というか、ツアーに入ってました。)


ヴェネツィアンガラス 実演1  ヴェネツィアンガラス 実演2  ヴェネツィアンガラス 実演3
ガラス作りの実演です。
ちゃちゃっと手際よく作っていってますが、これが職人の技なんですねぇ。

実演後は説明へ。
ヴェネツィアンガラス 説明1  ヴェネツィアンガラス 説明2

日本語の達者な販売員さんがヴェネツィアングラスについて説明してくれます。

「これが本物のシルシねー。これがないとニセモノだよ。」

(・0・。) ホホ?ッ

感心して聞いてましたが、最後はやっぱり販売でした。

「これ、とってもお買い得!!他では売ってないよー。」

相方は「職人技」に惹かれてだいぶ迷ってたようです。買おうか買うまいか…。最終的にたとえコレを買っても家のどこに飾るのさ!!ってことで断念しましたが、ちょっと惜しそうだったなぁ。ヘ(-′д`-)ゝヤレヤレ..

ここでツアーは解散。あとは自由行動です。

ヴェネツィアの街 ヴェネツィアの街

この日は日曜日だったからかこんな方たちが広場近くに居ました。
街角のお姉さんたち さすがヴェネツィア!仮面舞踏会

色々横目にみつつ、お昼ご飯を買ってホテルへ一旦戻りました。
お昼ごはん1 ピザをくるくる巻いたやつ!美味しかったvv
お昼ごはん2 ハードパンに生ハムなんかがはさまってます。これも美味v

お昼ごはん後は買い物と観光に再びレッツ・ゴー!\(゜Д゜)イッテキマース!!

ううーむ。めっちゃ記事がめっちゃ長くなってますねぇ。
ここら辺で切っちゃうか??

てなわけで。その2へ続きます。
おやすみなさい?ヾ(´〇`)
スポンサーサイト
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

歴史解説までありがとうございます♪
熟読しちゃったわ~♪
教科書じゃない、本物の歴史って好きなんですよ( *´艸`)
でも、歴史って知れば知るほど、結構悲惨なんですよね・・・・・
2007/06/29(金) 00:18:59 | URL | プチセレたーちゃん #ufXyq6ak [Edit
やっとコメントが追いつきましたi-278i-201
ヴェネツィアングラスi-52すごいキレイi-189
ぜったい使わないと思うけど、私も欲しい・・・
旦那さんが悩むのもわかるi-199
北海道の北一硝子でも悩むもん、私i-239
kabachanのレポは説明つきで勉強なりますi-175
2007/06/29(金) 09:42:29 | URL | のんぴっと #- [Edit
なぜ、あのガラス工房に行くと欲しくなるのでしょうかねぇ・・・(-公-)
私も欲しくなり、B作に言ったら「どこにおくの?何につかうの?」
といわれ・・・

あきらめました。だって綺麗なんだもぉん゜゜(≧Д≦)゜゜

歴史に触れるって本当にいいですよね。
続き楽しみにしています♪
2007/06/29(金) 10:54:36 | URL | さよぺー #- [Edit
コメントありがとうございます♪
>たーちゃんさん
ナマの歴史って意外と悲惨ですよねぇ。ほんと…。
今回のガイドさんはベネツィアの方だったのですけど、日本にも留学されててすごく日本語がお上手な方でした。
そしてガイドも上手!歴史とかを堅苦しくなく興味が持てるような話し方をされる方でした~。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。

>のんぴっとさん
ひとつひとつの記事、読むの大変なのにコメントまで残してくれてありがとうです~♪+.+゚d(´∀`*)グッ!!
ヴェネツィアンガラス…未だに惜しいことをしてしまったかと悩んでる相方がいます。
私もちょっと買っとけば良かったかなぁって思うのですけど、なんせ高いのでお金があれば次回(行くのか??)買うってことで。

>さよぺーさん
欲しくなりますよねぇ。あそこに行くと感覚がマヒしちゃいますよー。
B作さん、冷静ですねぇ。うちの相方とはえらい違い…(笑)
うちは二人で感心して買いそうになりましたから!
私が「もしめっちゃ欲しかったらもう一度来よう」って言ってなんとかそこから脱出したんです。
でもキレイでしたぁ。

歴史は本当に感心しちゃいました。ガイドさんの説明もとっても良かったのもあるんですけどね。
やっぱり現地で歴史に触れるっていうのがいいですねぇ。

2007/07/02(月) 19:37:04 | URL | kabachan #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



◆My Proflie◆

  • Author:kabachan
  • kabachanです。
    無事に結婚できましたvv
    専業主婦をのんびり楽しんでおります♪



◇カレンダー◇

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -









◆友達申請フォーム◆

この人とブロともになる











◇カウンター◇



Copyright © かばちゃんの徒然日記 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。